夢のバスツアーの旅
2019年8月15日

夜行バスで気をつけておきたいこと

何度も使っていくと、夜行バスにも慣れてきて便利さを実感できてくると思いますが、最初のうちはどんな風に過ごせばいいのか、気をつけなくてはいけないことも分からず緊張するものです。

基本的に夜中に発車して、早朝に目的地に到着するため、夜のうちは乗客の人たちは殆どが眠っています。そのため、できるだけ音は立てないように静かにすることが大切です。音楽を聴いても構わないのですが、その場合はイヤホンをつけて音漏れしないように注意しましょう。それに、お腹が空いて何か食べたくなったときも要注意です。車内は広々としていても、しっかりドアや窓も閉まっているので、ニオイはあっという間に車内にこもってしまいます。

ペットボトルの飲料を飲むぐらいは構いませんが、ニオイの強いものや音がするものを食べるのは避けるようにしましょう。夜行バスの中でトラブルが起きやすいのは、リクライニングの倒し方です。後ろの人に断ってから倒すというのがマナーにもなっていますので、もしも倒したくなったときには声をかけるようにしましょう。

早めに声をかけておいても良いかもしれません。荷物を左右の席にはみ出したりしないようにもしたいですし、アルコールなども飲まないようにして下さい。ちょっとした気遣いが夜行バスの中を快適にしますので、お互いを思いやって過ごせば問題はありません。到着した日に元気に活動できるよう、しっかりと睡眠を取って明日に備えましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *