ローヤルゼリーの健康効果について

ローヤルゼリーとは、通常のハチを女王バチへと発達させる効果のあるもので、健康食品として広く知られています。その栄養素には、必須アミノ酸を含む様々なアミノ酸をはじめ、ビタミンB群やカリウム、マグネシウムなどのミネラルが挙げられます。
これら以外にも、ローヤルゼリー特有の成分である10-ヒドロキシデセン酸、類パロチン、ビオプテリンという成分が含まれています。

ローヤルゼリーの効能には更年期障害をはじめ、メタボリックシンドローム、肩こりや耳鳴りの他、アンチエイジング効果があります。

アラプラスのスポーツ ハイパフォーマンスに関するマニアックな情報をお届けします。

特有の成分である10-ヒドロキシデセン酸には、更年期障害の予防や生活習慣病の改善作用の他にも、殺菌作用があります。

また類パロチンには、筋肉や骨、内臓の成長を促し、アンチエイジングを助ける作用があります。



この他ビオプテリンは、働きバチの女王バチへの発達に関与しているといわれる物質で、栄養素の吸収を促進させる作用があります。

ローヤルゼリーは健康食品を扱っている様々な企業で売られていて、その形状は錠剤やソフトカプセルなどが主流です。
また企業によって吸収力をアップしている、コエンザイムQ10やフコイダンなどといった他の健康成分も一緒に加えるなど、様々な工夫がなされています。


健康によいとされるローヤルゼリーですが、あくまでも薬ではないので、飲めば病気が治るというものではありません。



また薬の飲み合わせによっては、薬の効果を過剰に強めてしまう場合があるため、薬を飲んでいる人はあらかじめ医師に相談する必要があります。